文字サイズの変更

  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする
  • 日本語のページに戻る
  • English
  • 中文
  • 한국어
  • Português

前のページに戻る

町の歴史

更新日:2012年12月19日

この地域では、古代には緑川沿いに集落があり農耕が営まれ、中世には阿蘇氏領や甲佐大明神の社領となり、その後近世に入り加藤氏領を経て細川氏領となっています。
 その後、明治維新を経て、明治22年の町村施行の後、いわゆる「昭和の大合併」により、昭和30年1月1日に中山村と年祢村が合併して中央村となり、ついで昭和30年4月1日に砥用町と東砥用村が合併して砥用町が誕生しています。また、中央村は昭和50年に町制を施行し、中央町となっています。
 なお、昭和30年7月10日に当時の中央村大字今、坂貫、下草野の3つの地区と大字岩野の一部が砥用町に境界変更され、その後下草野の区域は昭和32年7月1日に境界変更により中央村に復帰しています。
 中央町は、昭和30年の合併以降、企業誘致や小中学校の統廃合、日本一の石段建設、カントリーパークの整備、基幹産業である農業の振興等に取り組んできました。一方砥用町も、企業誘致や小中学校の統廃合、緑川ダムや霊台橋を中心とした観光整備、簡易水道の整備、基幹産業である農業の振興等に取り組んできました。
 町名の由来は、中央町は熊本県のほぼ中央に位置していたことから、また砥用町は平安時代の書に「富神郷」と出ているのが始まりといわれ、「と」は山、「むち」は神の意味があり、山と神の又は山神の郷といういわれをもつと伝えられています。
 平成16年11月1日に中央町と砥用町が合併して美里町が誕生しました。合併時の人口は12,849人、面積は144.03km2となっています。  美里町の町名は、全国から公募した中から選考し「いつまでも美しいふる里でありますように」等の理由から美里町となっています。


お問い合わせ

美里町役場
電話番号:0964-46-2111この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る

  

カテゴリ内 他の記事

各課代表電話番号

中央庁舎

代表電話 0964-46-2111
税務課 0964-46-2112
住民課 0964-46-2113
健康保険課 0964-46-2113
経済課 0964-46-2114
学校教育課 0964-46-2115

※総務課、会計課、議会事務局へは代表電話番号からお取り次ぎします。

砥用庁舎

代表電話 0964-47-1111
林務観光課 0964-47-1112
建設課 0964-47-1113
水道衛生課 0964-47-1114
住民課 0964-47-1115
福祉課 0964-47-1116

※企画情報課、会計課へは代表電話番号からお取り次ぎします。