文字サイズの変更

  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする
  • 日本語のページに戻る
  • English
  • 中文
  • 한국어
  • Português

前のページに戻る

退職所得に対する町・県民税の特別徴収について

更新日:2021年6月23日

  退職所得にかかる町・県民税は、所得税と同様に、他の所得と区分して退職手当等の支払いの際に支払者が税額を計算し、退職手当等の支払金額からその税額を差し引いて納入することになっています。

  納税義務者

 退職手当等の支払いを受けるべき日(通常、退職した日)の属する年の1月1日現在、美里町に住所を有し、退職手当等の支払いを受ける人です。
  ただし、1月1日現在、生活保護法の規定により生活扶助を受けている人及び死亡退職の人の場合は、納税義務がありません。

 退職手当等に対する町・県民税の計算 

 税額計算(図)


 

退職所得金額 = ( 退職手当等の収入金額 - 退職所得控除額 ) × 1/2

● 退職所得控除額の計算
  ・勤務年数が20年以下の場合  40万円×勤続年数 (80万円に満たないときは、80万円)
  ・勤務年数が20年を超える場合 800万円+70万円×(勤続年数-20年)
 (注意事項)
  ・ 勤続年数に1年未満の端数が生じたときは、1年に切り上げます。
    ・ 障がい者となったことにより退職した場合には、上記金額に100万円を加算します。
● 勤続年数5年以下の法人役員等の退職所得等については、2分の1課税は適用されません。
● 退職所得金額に千円未満の端数がある場合は、千円未満の端数を切り捨てます。
● 町民税、県民税とも百円未満の端数があるときは、それぞれ百円未満を切り捨てた額の合計が特別徴収税額となります。

 納入方法

 退職手当等の支払者は、特別徴収した税額を徴収した月の翌月10日までに納入してください。
 なお、納入書の作成にあたっては、「退職所得分」の欄に記入し、「町民税・県民税納入申告書」も必ず記入してください。
 ※ 共通納税による納付もできます。

 「令和3年度 町民税・県民税 特別徴収関係綴」の訂正について

 令和3年5月10日に特別徴収義務者へ送付しました「令和3年度 町民税・県民税 特別徴収関係綴」の4ページ「2 退職所得に対する町・県民税の計算」の「(1)退職所得金額の計算」に、以下の注意事項を追加します。該当する人(勤続年数5年以下の法人役員等)が退職される場合は、ご注意ください。

勤続年数5年以下の法人役員等の退職所得等については、2分の1課税は適用されません。

  「特別徴収関係綴」の4ページの内容はこちらをご確認ください→ 退職所得に対する町・県民税の特別徴収について(PDF 約100KB)


追加情報

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

美里町役場 中央庁舎 税務課
電話番号:0964-46-2112この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る

各課代表電話番号

中央庁舎

代表電話 0964-46-2111
税務課 0964-46-2112
住民課 0964-46-2113
健康保険課 0964-46-2113
経済課 0964-46-2114
学校教育課 0964-46-2115

※総務課、会計課、議会事務局へは代表電話番号からお取り次ぎします。

砥用庁舎

代表電話 0964-47-1111
林務観光課 0964-47-1112
建設課 0964-47-1113
水道衛生課 0964-47-1114
住民課 0964-47-1115
福祉課 0964-47-1116

※企画情報課、会計課へは代表電話番号からお取り次ぎします。