文字サイズの変更

  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする
  • 日本語のページに戻る
  • English
  • 中文
  • 한국어
  • Português

前のページに戻る

求職者支援訓練と公共職業訓練(ハロートレーニング)の受講申し込みについて

更新日:2021年5月31日

熊本労働局では、県内のハローワークで、求職者支援訓練と公共職業訓練(ハロートレーニング)の受講の申し込みを受け付けています。

求職者支援制度とは

  • 求職者支援制度は、再就職や転職を目指す求職者の方が、月10万円の生活支援の給付金を受給しながら、無料の職業訓練を受講する制度です。
  • 訓練開始前から、訓練期間中、訓練終了後まで、ハローワークが求職活動をサポートします。
  • 離職して雇用保険を受給できない方、収入が一定額以下の在職者の方などが、給付金を受給しながら訓練を受講できます。
  • 給付金の支給要件を満たさない場合であっても、無料の職業訓練を受講できます。(テキスト代などは自己負担)

対象者となる方

  給付金を受けて訓練を受講する方 
 離職者

雇用保険の適用がなかった離職者の方

フリーランス・自営業を廃業した方

雇用保険の受給が終了した方など

 在職者 一定額以下の収入のパートタイムで働きながら、正社員への転職を目指す方など
  給付金を受けずに訓練を受講する方(無料の訓練のみ受講する方)
 離職者

 親や配偶者と同居して一定の世帯収入がある方など

(親と同居している学卒未就職の方など)

 在職者

 働いていて一定の収入のある方など

(フリーランスで働きながら、正社員への転職を目指す方など)

制度を活用するための主な要件

訓練受講の要件
  • ハローワークに求職の申込みをしていること
  • 雇用保険被保険者や雇用保険受給資格者でないこと
  • 労働の意思と能力があること
  • 職業訓練などの支援を行う必要があるとハローワークが認めたこと

給付金の支給要件
  • 本人収入が月8万円以下〔シフト制で働く方などは月12万円以下(※)※令和3年9月末までの特例
  • 世帯全体の収入が月25万円以下
  • 世帯全体の金融資産が300万円以下
  • 現在住んでいるところ以外に土地・建物を所有していない
  • 全ての訓練実施日に出席する(やむを得ない場合がある場合も、8割以上出席する)
  • 世帯の中で同時にこの給付金を受給して訓練を受けている者がいない
  • 過去3年以内に、偽りその他不正の行為により、特定の給付金の支給を受けていない

公共職業訓練とは

 再就職やキャリアアップのために必要な職業スキルや知識を習得することができる、国・都道府県が実施する公的職業訓練です。

 受講対象となる方

  • 主に雇用保険の失業給付を受給されている方が対象です
  • ハローワークの職員にご相談いただき、職業訓練などの支援が必要と認められることが必要です。まずお近くのハローワークまで。

 ※原則として、週20時間以上お仕事をされている方は受講できません。

 公共職業訓練の内容

  • 3か月〜2年の間で、就職に役立つ技能や知識を習得することができます。
  • きめ細かな就職支援が受けられます。
  • 受講料はテキスト代などの実費(1、2万円程度)を除き無料です。 
訓練コース・関連資格の例
 訓練コース(例)  関連資格(例)※ 
 介護サービス科 介護職員初任者研修、介護事務管理士、実務者研修
 OA事務科 簿記検定、表計算検定、ワープロ検定、計算実務検定、社会人常識マナー検定
 医療事務科 医療事務認定実務者試験、表計算検定、ワープロ検定
 電気設備技術科 第二種電気工事士、第一種電気工事士、消防設備士
 生産設備メンテナンス科 技能検定(電気職種)、第二種電気工事士
 工場管理技術科(電気保全) 第二種電気工事士、消防設備士、品質管理検定(QC検定)、中小企業診断士(経営管理)
 組込みソフトウェア科

 ITパスポート、基本情報技術者、LinuCレベル1、LPICレベル1

 スマート情報システム科基本情報技術者、 ウェブデザイン技能検定、CCNA、OSS-DB Silver
 ICTエンジニア科 ITパスポート、基本情報技術者、LPICレベル1、CCNA

※資格の受験は任意です。訓練では資格関連知識を習得します。

 申し込み・問い合わせ先

最寄りのハローワークで受け付けています。

熊本県内のハローワーク一覧

熊本労働局ホームページ

 

参考資料

厚生労働省ホームページ


追加情報

この記事には外部リンクが含まれています。


お問い合わせ

美里町役場 砥用庁舎 福祉課
電話番号:0964-47-1116この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る

各課代表電話番号

中央庁舎

代表電話 0964-46-2111
税務課 0964-46-2112
住民課 0964-46-2113
健康保険課 0964-46-2113
経済課 0964-46-2114
学校教育課 0964-46-2115

※総務課、会計課、議会事務局へは代表電話番号からお取り次ぎします。

砥用庁舎

代表電話 0964-47-1111
林務観光課 0964-47-1112
建設課 0964-47-1113
水道衛生課 0964-47-1114
住民課 0964-47-1115
福祉課 0964-47-1116

※企画情報課、会計課へは代表電話番号からお取り次ぎします。