文字サイズの変更

  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする
  • 日本語のページに戻る
  • English
  • 中文
  • 한국어
  • Português

前のページに戻る

石碑・塔

更新日:2012年12月19日
みろく菩薩碑

[所在地:美里町水上] [指定:昭和47年12月22日]

水上字弥ろくの町道横の小高い所の芝生に、松茸のような形をした石碑、これが「みろく菩薩」である。高さ約2.4mで、前面に美しい細い線で、蓮座に当菩薩の坐像が刻み込まれている。笠石は、八角形をなし下の面一杯に荒い手法で、蓮の花が刻んである。

宝匡印塔(ほうきょういんとう)

[所在地:美里町早楠] [指定:昭和43年12月15日]

早楠字本村に早楠神社がある。阿蘇惟村の墓であり、神殿の真下に室町中期頃の様式の塔が建っているのがこれである。神社は、柚留木家が代々奉仕している。この神社は「オタッチョサン」と俗に呼ばれている。宝匡印陀羅尼を収める塔。後には、供養塔、墓碑塔として建てられた。


お問い合わせ

美里町役場 教育委員会 教育課
電話番号:0964-46-2038この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る

  

カテゴリ内 他の記事