文字サイズの変更

  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする
  • 日本語のページに戻る
  • English
  • 中文
  • 한국어
  • Português

前のページに戻る

その他

更新日:2012年12月19日
砥用丹後守の墓

砥用丹後守の墓

[所在地:美里町安部][指定:昭和63年3月1日]

阿蘇家臣の老臣、砥用丹後守は今から400年前の元亀2年(1571)涌井字馬入の馬入城に城を移した。丹後守(佐々原惟義)は、一時当地の領主として、300町を有し天正10年(1582)31歳で死亡している。現在、城跡は官有林となり石造りの堂があり石像が刻まれている。丹後守の墓は、安部地内にあり墓地は広さ約120平米、墓石は85cmで一段高いところに建っている。墓碑は、自然石で「明翁観居士霊」さらに天正十壬十二月二十七日と記してある。隣に、弟篠原後藤兵衛の墓石があり文字は判読できない。墓地一面70平米角の板状の石を張って、石畳となっている。

阿弥陀堂と長野加賀守一族の墓

阿弥陀堂と長野加賀守一族の墓

[所在地:美里町白石野]

白石野本村の大地の突端に阿弥陀堂が建っている。境内には板碑や二十数基におよぶ五輪の塔が建ち、板碑の一基(逆修供養塔)には、「長野加賀守宇治惟清」「永禄五歴壬戊龍集十月吉日」と刻まれている。また、栗山の地には「とん(殿)の墓」と呼ばれる板碑が一基建っている。


お問い合わせ

美里町役場
電話番号:0964-46-2111この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る

  

カテゴリ内 他の記事