文字サイズの変更

  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする
  • 日本語のページに戻る
  • English
  • 中文
  • 한국어
  • Português

前のページに戻る

修理費用に30万円以上100万円未満を支出した世帯への義援金の配分が決定しました

更新日:2017年3月13日

 平成29年2月24日の美里町配分委員会及び3月7日の一般会計補正予算において、修理費用に30万円〜100万円未満を支出した一部損壊世帯に対しての義援金及び扶助費の配分が決定されました。

 その内容は、平成28年熊本地震によって、住家がり災証明書で一部損壊判定を受けた世帯のうち、
○住家の修理費用に30万円以上50万円未満を支出した世帯に3万円
○住家の修理費用に50万円以上100万円未満を支出した世帯に5万円
の義援金及び扶助費を配分するものです。

※修理費用に100万円以上を支出した世帯や修理費用に30万円以上100万円未満を支出した世帯の注意点
・1世帯につき1度だけの申請になります。
・り災区分の変更があっても再申請はできません。
修理がお済みでない方やり災区分の再調査中の方は、完了後に申請等をお願いします。

修理の対象範囲

 日常生活に欠くことができない部分の修理とし、内装や外構のみの工事、家電製品の修理等は除きます。

修理の対象範囲

 対象となる

工事箇所・部分

・屋根、柱、床、外壁、基礎等

・ドア、窓等の閉口部(ガラス・鍵の交換も含む)

・上下水道、電気、ガス等の配管・配線、給排気設備(換気扇等)

・衛生設備(便器・浴槽等)・給湯設備(電気温水器等)

※上記の対象箇所・部分であっても、壊れていない場合の取り換えやリフォーム、

グレードアップは対象となりません。 

 対象とならない

工事箇所・部分

・内装(間仕切り壁、壁紙、天井の仕上げ、ふすま、畳、障子等)

・外構(門、車庫、カーポート、塀、柵等)

・家電製品

※ただし、壊れた床の修理と合わせて畳等の補修を行う場合には1戸当たり6畳 

相当を限度として、また、壊れた外壁の修理と共に内装の補修をする場合には、

当該壁の部分に限り対象となります。

申請に必要なもの

  1. 美里町独自義援金及び扶助費配分申請書(修理費用100万円未満用)
    各庁舎の窓口に設置してあります。(ホームページからもダウンロードできます)
  2. り災証明書(一部損壊を判定されたもの)または、り災届出証明書(手数料:300円)
  3. 工事費の領収書(領収書は税務署へ提出する場合があります)
  4. 修理の内容がわかる書類等(工事内訳書、工事明細書、見積書等)
  5. 申請者名義の預金通帳の写し・印鑑
  6. 申請に来られる方の身分証明書(運転免許証、健康保険証等)
    ※申請者は、原則として世帯主になります。
    ※申請者以外の方が申請に来られる場合には、申請者からの委任状と本人確認ができるものが必要です。

申請期間等

 申請期間(予定)

  平成29313日(月)〜 平成30330日(金) (土日祝日等の閉庁日は除く)

受付場所

  中央庁舎被災者支援相談窓口、砥用庁舎被災者支援相談窓口

受付時間

  8時30分〜17時まで

申請様式

 美里町独自義援金及び扶助費申請書(修理費用100万円未満用)(PDF 約160KB) 

 美里町独自義援金及び扶助費申請書(修理費用100万円未満用) 記入例(PDF 約171KB)

 委任状(PDF 約53KB)  、              委任状 記載例(PDF 約46KB)

 申出書(PDF 約61KB)  、              申出書 記載例(PDF 約87KB)
※申出書は修理工事の内容がわかる書類がない場合に提出する書類です。

 


追加情報

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

美里町役場 砥用庁舎 福祉課
電話番号:0964-47-1116この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る