文字サイズの変更

  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする
  • 日本語のページに戻る
  • English
  • 中文
  • 한국어
  • Português

前のページに戻る

高額な外来診療を受ける後期高齢者の皆さまへ

更新日:2014年4月1日
後期高齢者医療被保険者の方は、平成24年4月1日から高額な外来診療を受けたとき「認定証」などを提示すれば、ひと月の医療機関等の窓口での支払いが一定の金額にとどめられます。

 これまでは高額な外来診療を受けたとき、ひと月の窓口負担が自己負担限度額以上になった場合でも、いったんその額をお支払いいただいていましたが、平成24年4月1日からは、限度額を超える分を窓口で支払う必要はなくなります。
 また、保険薬局や指定訪問看護事業者も同様の取り扱いを受けられます。

高額な外来診療を受けるとき

  1. 事前に役場担当窓口にて認定証の交付申請の手続きを行う。
  2. 認定証の交付を受ける。
  3. 認定証を医療機関の窓口に提示する。

 →窓口支払いが一定上限額になります。
 ※窓口支払いの上限額(月当たり)は、世帯構成や所得などによって異なります。

表:高額な外来診療を受ける場合について
自己負担割合 負担区分 外来診療の1ヶ月当たりの自己負担限度額 担当窓口での事前手続き 病院・薬局などでの手続き
3割 現役並み所得者(※1) 44,400円 必要ありません 「被保険者証」を窓口に提示してください
1割 一般(※2) 12,000円 必要ありません 「被保険者証」を窓口に提示してください
1割 低所得者II(※3) 8,000円 「限度額適用認定証」の申請をしてください 「被保険者証」と「限度額適用認定証」を提示してください
1割 低所得者I(※4) 8,000円 「限度額適用認定証」の申請をしてください 「被保険者証」と「限度額適用認定証」を提示してください

(※1)現役並み所得者:145万円以上の課税所得がある後期高齢者医療被保険者がいる世帯内の被保険者全員
(※2)一般:現役並み所得者、低所得者II、低所得者I以外の方
(※3)低所得者II:世帯の全員が住民税非課税の方(低所得者以外)
(※4)低所得者I:世帯の全員がが住民税非課税で、その世帯の各所得が必要経費・控除額(年金の所得は控除額を80万円として計算)を差し引いたときに0円となる方

◎「限度額適用認定証」を提示しなかった場合は、従来どおり後から高額療養費としてお返しします。(支払った窓口負担と限度額の差額が、後日支給されます。)

◎すでに入院分についての「限度額適用認定証」をお持ちの方は、外来分についてもそのままご使用できます。



お問い合わせ

美里町役場 中央庁舎 住民課
電話番号:0964-46-2111(ダイヤルイン:46-2113)この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る