文字サイズの変更

  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする
  • 日本語のページに戻る
  • English
  • 中文
  • 한국어
  • Português

前のページに戻る

公共工事中間前金払制度の導入について

更新日:2016年4月1日

 受注者の資金調達の円滑化を通じて公共事業の適正な施工が確保されるよう、平成28年4月から通常の前金払制度に加え、中間前金払制度を導入しますのでお知らせします。

 

前金払の対象工事及び割合

・請負金額が130万円以上の建設工事(設計、調査及び測量等含む)

・請負金額の4割以内(設計、調査及び測量等については請負金額の3割以内)

 

中間前金払の対象工事及び割合

・前払金の支払いを受けた建設工事で、次の要件の全てに該当するもの

 (1)工期の2分の1を経過していること

 (2)工期の2分の1を経過するまでに実施すべきものとされている当該工事に係る作業が行われること

 (3)既に行われた当該工事に係る作業に要する経費が請負金額の2分の1以上の額に相当するものであること

・請負金額の2割以内

 

美里町公共工事中間前金払制度取扱要綱

美里町公共工事中間前金払取扱要綱(WORD 約16KB)

 

関係様式

前払金(中間前払)金請求書(WORD 約36KB)

様式第1号_認定請求書(WORD 約31KB)

様式第2号_工事履行報告書(WORD 約39KB)

様式第3号_認定調書(WORD 約32KB)

 

お問い合わせ

美里町役場 中央庁舎 総務課
電話番号:0964-46-2111この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る