文字サイズの変更

  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする
  • 日本語のページに戻る
  • English
  • 中文
  • 한국어
  • Português

前のページに戻る

介護保険料が改定されました。

更新日:2015年7月1日

 介護保険制度は、介護が必要になっても安心して自立した生活が送れるよう社会全体で支えていく制度です。運営は市町村が主体となって行い、40歳以上の方が加入者として保険料を出し合って、介護を必要とする方がサービスを利用できる仕組みになっています。

 65歳以上の方(第1号被保険者)が納める介護保険料は、3年を計画期間とする介護保険事業計画を策定し、3年間の保険給付費の見込みに基づき、額を定めています。平成27年度から平成29年度までの第6期介護保険事業計画期間の介護保険料は次のとおりとなりました。

保険料の基準額:年額 68,400円(月額 5,700円)

表:第6期(平成27年度〜平成29年度)における第1号被保険者の所得段階別介護保険料
所得段階 対象者 保険料率 年額保険料
第1段階

・生活保護受給の方

・世帯全員が住民税非課税の老齢福祉年金受給者

・世帯全員が住民税非課税かつ本人年金収入等が

 80万円以下の方

基準額

×0.45

30,780円
第2段階

世帯全員が住民税非課税かつ本人年金収入等が80

万円を超え120万円以下の方

基準額

×0.75

51,300円
第3段階

世帯全員が住民税非課税かつ本人年金収入等が120

万円を超える方 

基準額

×0.75

51,300円
第4段階

本人が住民税非課税(世帯に住民税課税者がいる)

かつ本人年金収入等が80万円以下の方 

基準額

×0.9

61,560円
第5段階

本人が住民税非課税(世帯に住民税課税者がいる)

かつ本人年金収入等が80万円を超える方 

基準額

68,400円
第6段階

住民税課税かつ合計所得金額が120万円未満の方 

基準額

×1.2

82,080円
第7段階

住民税課税かつ合計所得金額が120万円以上190万

円未満の方 

基準額

×1.3

88,920円
第8段階

住民税課税かつ合計所得金額が190万円以上290万

円未満の方 

基準額

×1.5

102,600円
第9段階

住民税課税かつ合計所得金額が290万円以上の方 

基準額

×1.7

116,280円

 40歳から64歳以下の方(第2号被保険者)の保険料は、それぞれ加入している医療保険(国民健康保険や職場の健康保険など)の算出方法により決まり、医療保険料に含めて納めることになります。


お問い合わせ

美里町役場 砥用庁舎 福祉課
電話番号:0964-47-1116この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る