文字サイズの変更

  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする
  • 日本語のページに戻る
  • English
  • 中文
  • 한국어
  • Português

前のページに戻る

こども医療費を申請される方へ

更新日:2016年4月1日

このページで紹介している、美里町こども医療費助成事業は、乳用児童医療費助成事業をさらに使いやすく、もっと便利にするため、平成28年4月1日から、県内トップクラスの内容となるように制度を見直し、充実した内容で新たにスタートしました。

各種手続きについて

○受給資格の取得
まずは受給資格を申請して、「美里町こども医療費受給者証」を取得する必要があります。
こども医療受給者証交付申請書(PDF 約90KB)

○変更等
次のいずれかに該当する場合は変更届を提出して下さい。届出のない場合、医療費助成が出来ない場合がありますのでご注意ください。
・保険証に変更があったとき
・住所、氏名に変更があったとき
・その他、届出事項に変更があったとき
こども医療受給資格変更届(PDF 約98KB)

○喪失
次の場合は受給資格を失いますので、速やかに受給者証を返還してください。
・有効期限を経過したとき
・本町から転出したとき
・生活保護を受けることになったとき

○受給者証の再交付
こども医療の受給者証を紛失、破損した場合は再交付の申請をしてください。
こども医療受給者証再交付申請書(PDF 約62KB) 

医療費の申請期間について(償還払い)

下記の場合などで医療費を自己負担したときは、領収書を添えて町に医療費助成の申請をしてください。
医療費助成の申請期間は診療月の末日から6ヶ月以内ですので、早めの申請をお願いします(6ヶ月を超えますと助成対象外となります)。
・平成28年3月以前の受診
・県外の医療機関で受診した場合
・入院などにより、ひとつの医療機関等での1月の自己負担額が21,000円を超えた場合
・保険適用の整骨院等の施術を受けた場合 など
こども医療費助成申請請求書(PDF 約88KB)

有効期間について

こども医療費受給者証に記載されている有効期間内の診療の申請のみ有効です。
※有効期間外の診療は助成対象外となります。

高額な医療費を支払われた場合

この場合、保険者や会社の組合などから『高額医療費』『付加(ふか)給付金』として自己負担分の全額、又は一部が返ってくる場合があります。その際はそちらの助成が最優先されます。
給付金の有無については職場に確認をとられて下さい。
※一般的な『見舞金』とは違いますのでご注意を・・・

学校管理下でケガをした場合

この場合、学校健康センター(以下センター)から給付金が出ます。
その際はそちらの給付金が最優先されます(受給者証は使用できません)。
センター給付対象の可否については、学校の養護教諭にお尋ね下さい。
※自己負担分を超える二重給付を受けられると町からの助成金を返金していただくことになりますのでご注意下さい。

 

★申請においでの際は印鑑をお忘れなく!

 制度説明資料(PDF 約85KB)
Q&A(PDF 約44KB)

医療機関窓口の画像




 


追加情報

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

美里町役場 砥用庁舎 健康窓口課
電話番号:0964-47-1115この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る