文字サイズの変更

  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする
  • 日本語のページに戻る
  • English
  • 中文
  • 한국어
  • Português

前のページに戻る

こども医療費助成事業について

更新日:2016年4月1日

このページで紹介している、美里町こども医療費助成事業は、乳用児童医療費助成事業をさらに使いやすく、もっと便利にするため、平成28年4月1日から、県内トップクラスの内容となるように制度を見直し、充実の内容で新たにスタートしました。

  • Point1 自己負担額が0円
  • Point2 対象年齢を18歳になる年度末まで
  • Point3 現物給付方式により、役場への申請が不要。申請漏れもありません。 ※一部例外あり
  • Point4 制度の充実度は県内トップクラス

 

目的

病気の早期治療を促し、こどもの健全育成を支援することや、経済的負担を軽減することで、子育て家庭を応援し、定住促進や住みやすいまちづくりに貢献します。

助成の対象者

・0歳(出生)から満18歳(高校3年生相当、18歳に到達する日以後の最初の3月31日まで)
・美里町の住民であって社会保険各法に加入されている方

助成を受ける為の準備

まずは、役場で受給資格の認定申請を行ってください

 こども医療費受給者証交付申請書(別紙様式第1号)により申請します。
 一緒に提出する書類として、
● 助成対象者が加入している保険証の写し
● 助成金を振り込む口座の証書の写しあるいはカードの写し

受給認定を受けた後、美里町こども医療受給者証を発行します。
 (受給者証の申請をしていないと助成が受けられません)

こども医療費受給者証の使い方 

Case1 現物給付

熊本県内の医療機関であれば、美里町こども医療費助成受給者証と健康保険証を窓口に提示することで、一部負担金の支払いが不要となります。これを現物給付方式と言います。※県外では健康保険証のみ提示してください。
なお、この現物給付を利用できない場合があります。その際は、次のCase2で紹介している償還払いで対応します。 このページ下部の制度説明資料やQ&Aもご覧ください。

Case2 償還払い

医療機関窓口で支払った一部負担金を、後日役場にて請求申請する方法です。
こども医療費支給申請書(別紙様式4号)にを役場に提出します。
領収書については、この申請用紙の下段に記載してもらいます。 (入院、外来の別、さらに医療総点数がわかる領収書、であれば添付でも可能です。)
申請書は、医療機関ごと、月ごとに1枚にまとめられても結構です。

医療費の支給申請受付期間は、病院などにかかられた翌月から数えて6ヶ月までとなっております。 6ヶ月を過ぎたものにつきましては、払い戻しができなくなりますので、この期間内に申請されますようにお願いいたします。たとえば、9月にかかった場合は3月末日までとなります。 なお、各月の末日まで支給申請されたものにつきましては、翌月末に指定の口座に振り込みます。

 

制度説明資料など

制度説明資料(PDF 約85KB)
Q&A(PDF 約44KB)

医療機関窓口の画像




 


追加情報

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

美里町役場 砥用庁舎 健康窓口課
電話番号:0964-47-1115この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る