文字サイズの変更

  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする
  • 日本語のページに戻る
  • English
  • 中文
  • 한국어
  • Português

前のページに戻る

交通事故情勢(平成26年中)

更新日:2014年11月20日

県内の交通事故(平成26年中)

表:平成26年中の県内の交通事故
項目 26年 25年 増減数 増減率(%)
発生件数 7,584 8,732 -1,148 -13.1
死者数 76 82 -6 -7.3
負傷者数 9,650 11,225 -1,575 -14.0

※増減数等は前年同日現在との比較です。
※発生件数は人身事故のみを計上しており、物件事故は含まれていません。

町内の交通事故(平成26年中)

表:平成26年中の町内の交通事故
項目 26年 25年 増減数 増減率(%)
発生件数 20 14 6 42.8
死者数 1 1 0 0
負傷者数 28 18 10 55.5

※増減数等は前年同日現在との比較です。
※発生件数は人身事故のみを計上しており、物件事故は含まれていません。

県内の交通事故の主な特徴

● 交通死亡事故の特徴
 ○ 悪質違反による死亡事故が増加
    飲酒運転による事故で5人が死亡(前年比+4人)
    速度超過による事故で5人が死亡(前年比+5人)
 ○ 高齢者に関係する死亡事故が増加
    高齢者の死者が53人(前年比+8人、構成率69.7%)
    高齢運転第1当(原付以上)による死者が28人(同+8人)
 ○ 状態別では歩行中と自動車乗車中が同数で最多
    歩行中:25人(同-4人)
    自動車乗車中:25人(同-1人)
    二輪車乗車中:13人(同-2人)
    自転車乗用中:10人(同+1人)
 ○ 自動車乗車中の死者のうち、53.8%がシートベルト非着用
    非着用10人のうち、5人は着用していれば助かったと考えられる。

● 人身交通事故の特徴
 ○ 事故類型別では人対車両事故が高止まり
    人対車両   695件(同-9件)
    車両相互 6,483件(同-1,036件)
    車両単独   406件(同-102件)
 ○ 飲酒運転による人身事故が増加傾向
    飲酒人身事故は69件(同+12件)
 ○ 速度に起因する事故が増加
    速度超過による事故 7件(同+1件)
    危険認知速度
      50km/h以下 7,093件(同-1,100件)
      50km/h超過   287件(同+20件)
   



お問い合わせ

美里町役場 中央庁舎 総務課
電話番号:0964-46-2111この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る

  

カテゴリ内 他の記事